MOCOPLAレッスン紹介 【英語 Lepton】

今回はMOCOPLAのレッスン、【英語 Lepton】についてご紹介します。Leptonは「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランス良く身につけることを目指し、日々学習に取り組んでいます。1回のレッスン時間は60分です。

開講日開講時間
月曜日16:15~17:15  満席
火曜日16:15~17:15  残席あり
水曜日16:15~17:15  余裕あり
木曜日16:15~17:15  余裕あり
17:30~18:30  余裕あり
金曜日16:15~17:15  残席僅か
目次

Leptonの特徴

使用教材

教材はレプトンの教科書を使用しています。DOG,BIRD,ROBOT…と、レベル別にテキストがあり、全81冊の教科書から、レベルに合った教科書を選び、自分のペースで進めることができます。

各テキストは8単元に分かれていて、すべての単元が毎回同じルーティーンで構成されています。取り組み方が覚えやすく、子ども達にとって学習に集中しやすい構造です。

レプトン ロードマップ

各単元が終了すると補助教材のプリントを使用し、チェックテストを行います。また、テキスト1冊終了ごとにファイナルチェックテストがあります。日々のレッスンの理解度確認や、子ども自身が学習成果をチェックする機会として活用しています。

特長                   

☑4技能をバランスよく習得できる

☑自分のペースでがんばれる

☑どのレベルからでも始められる

☑世界標準テストJETで習熟度が分かる

Phonics(フォニックス)について

みなさんはPhonics(フォニックス)をご存知ですか?

英語圏で正しい発音を身につけるために作られた、英語の正しい読み書きのルールのことを言います。 例えば、A,B,C,Dはアルファベット読みでは「エイ、ビー、シー、ディー」と発音しますよね。ですが、フォニックスでは「ェア、ブ、ク、ドゥ」と発音します。

現在、Leptonを始めたばかりの1年生がフォニックスに挑戦しています。まず、「CDをよく聞くこと」が大切です。チャンツ(歌)や塗り絵、イラストを通して、単語を身につけていきます。1年生の子ども達は歌のリズムに合わせて全身で英語に触れ、元気に発音しています。英語の勉強というよりは、気付いたら「この単語言える!」「意味が分かる!」というのが、Leptonの特徴です。これからの学習もどのように進めていくのか、とっても楽しみです。

JET(Junior English Test)について

JETとは、米国のIMET(Institute for Measurement in Education and Training)が開発した、信頼性の高いテストです。英語教育が盛んな韓国でも実施されており、年間十数万人が受検しているそうです。LeptonではJETを使って、正確な習熟度評価を行っています。世界で通じるコミュニケーション力を身につけるには、こうした世界標準のテストを指標とすることが不可欠です。

レッスンの様子

まず、子ども達が席につくと、Hello! How are you? の、元気なクラスルームイングリッシュから始まります。I`m hungry! や I`m good! I`m thirsty! などの様々な答えが返ってきます。

その次はルール確認です。Leptonには4つのクラスルールがあります。

  1. Sit up straight. (きちんと座ろう)
  2. Focus on your work. (きちんと座ろう)
  3. Greet each other clearly. (元気よく挨拶しよう)
  4. Treat things with care. (物を大切にしよう)

これらのルールをレッスン冒頭で、全員で確認します。子ども達はこれらのフレーズを、自然と英語で言えるようになってきています。CDを聴きながら自立学習をすることがLeptonの特徴なので、これらのルールを確認することで、机に向かって集中できる環境づくりを心掛けています。

レプトン クラスルール

新小2のTくん

TくんはLeptonを始めて2年目になります。去年は週2のLepton受講で、テキストROBOT3まで進みました。外国人講師の言っていることを理解し、授業やアクティビティに参加しています。「何を言っているか分からないから、やりたくない」と言っていた、去年の春が懐かしく思います。3月に受検したJET10級も、無事合格していました。                              

これからも、英語に触れることを楽しみながら頑張ってほしいです。

新中1のNさん

この春、中学生になったNさんは、Leptonを始めてから41冊目のROCKET3という、中級レベルのテキストに進みました。次の目標は、夏までにJET2級を合格することだそうです。そのために、CDで聴いた会話文を文字に書き起こすなどの、難しい課題にも挑戦しています。Nさんは、正しい発音できるだけでなく、負荷なく書く力が定着し、英語に対して自信がついているように思います。                                               

次のJETもハイスコアを目指して、サポートしていきたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる