珠美先生たより

私たちが教育で大切にしていること

2019年4月15日

私たちが教育で大切にしていること

こんにちは。子どものやる気を引き出し、自立を育む放課後スクールMOCOPLA(モコプラ)の小澤です。

MOCOPLA

4月の新学期がスタートして約1週間。

あっという間の1週間でもあり、長く感じた1週間でもあったのではないでしょうか。

MOCOPLAでも、真新しいランドセルにたくさんのワクワクを詰め込んだ、新1年生の子どもたちとともにあっという間の1週間でした。

子どもの気持ちに寄り添うこと

さて、MOCOPLAで大切にしたい事の一つに【子どもの気持ちに寄り添う(わがままを容認する事とは違います)】という事があります。

その為に、その日に起きた残念な事(例、お友達の物を壊してしまった。約束を守れなかった。等)もお伝えします。

これは保護者の方に、お子様の気持ち(残念、悲しい、悔しい等々)に寄り添っていただく為です。

決して行動を咎めたり訂正を促したりしていただく為ではありません。

「残念な気持ちなのねー。」と、ただただ受け取ってください。

そうすると、気持ち、感情が落ち着き、子どもたちは次の行動を選択します。

もちろん親としてキチンと言い聞かせなければという場合もあるでしょう。

その時は、まず気持ちに寄り添って(お子さんの気持ちをしっかり受け取って)から伝えてください。

順番が逆だと、子どもの心に届きにくいものです。

大人でも仕事で失敗した時に家族から「ちゃんとしないからよ。前から言ってたでしょ。」

等々を先に言われたら、リカバリーへ向けてのエネルギーが出てきにくいのではないでしょうか?

大人も子どもも失敗しながら成長します。

起きてしまった失敗(過去)をどう扱うかでその後の成長が変わります。

子どもたちの成長を一緒に見守っていきましょう。

-珠美先生たより
-

Copyright© 放課後スクール『MOCOPLA』四ツ谷教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.